FC2ブログ
脳みそまでなかやまきんに君
夢の中で生き別れた、巨乳の妹を探しています。
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
i can fly
仕事を終えた僕は原付にまたがった。

家まで20分の道のり、同じ交差点で必ず止まる。

いつもの光景だ。

毎日毎日ボロ布のようになるまで働いて、帰ったら寝るだけ。

「はぁー・・・」

急いでも急いでも必ず止まる。

まるで僕の人生。

「空を飛べたら、どんなに楽なんだろう」

僕のアホな妄想を打ち消すかのように信号が青になる。

僕はアクセルに力を入れた。
 
 
 
 
 
 
一瞬
 
 
 
 
 
 
僕は空を飛んでいた。

視界は信号機より上、灰色の空。

不思議な浮遊感。

夢かと思うよりも早く、僕は重力に引き戻された。

「お兄ちゃん大丈夫か?」

知らないドライバーの声で現実に戻った僕は、

左手でリアブレーキを握り締め、右手でアクセル全開にしていた事を知る。そんな25の冬。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。